まつげ美容液Lab

まつげ美容液の効果やオススメ商品をご紹介しています。

まつげ美容液Lab

まつげの発毛周期や
長く見せる方法など、まつげについてご紹介しています。

まつ毛をカールさせるのにオススメの方法とアイテム

   

第一印象を決定めるのは『目力』と言われています。
そんな目力。目の大きさやアイメイクのやり方によって左右すると思いきや、意外にもまつげが目力を強める効果があることをご存じでしょうか。

綺麗にカールしたまつげは、それだけで目力を強く感じさせます。

「カールを綺麗にやりたいけど、どの方法が良いかがわからない」という人のために、今回は、まつげをカールさせるのにオススメの方法・アイテムについてご紹介致します。
メリット・デメリットについても述べていますので、参考いただけると幸いです。

まつげをカールさせる方法・アイテム

まつげをカールさせる方法・アイテム

まつげをカールさせる方法やカールさせるために役立つアイテム・グッズなどをご紹介いたします。
また、それぞれの特徴や効果についても簡単にご紹介したいと思います。

ビューラー

まつげをカールする方法と言えば一番に浮かんでくるのが、『ビューラー』ではないでしょうか。

専用器具を使ってまつげを挟み、ぐっとまつげを上向きにカールします。
普通のビューラー以外にもホットビューラーと呼ばれるものもあり、ホットビューラーの方がカールの持続性が高いです。

使い方によっては、自まつ毛を痛みつける原因となる場合もあります。

まつ毛パーマ

まつ毛パーマは、パーマ液をまつげに塗布してくるんとまつげをカールさせるものです。

髪の毛のパーマをイメージするとわかりやすいのですが、まつ毛パーマをすると、その効果は一定期間続きます。
液だれしにくいようにジェル・クリームタイプの液となっており、ロットなどでカールの強さを調整します。

ロッド以外にビューラーを使う場合もありますので両者の違いについて少し説明しますね。

ロッド

まぶたにまつ毛用のロッドを貼り付け、まつ毛を巻いていきます。

ロッドでおこなうまつ毛パーマは根元からばっちりカールさせたい時にオススメです。
ただし、施術するスタッフの腕前によって仕上がりに差が生じますので、ロッドを使って施術をおこなう場合は信頼のおけるところでやるのが良いでしょう。

ビューラー

パーマ液を塗布したまつげをビューラーに挟み、持ち上げるというものです。施術スタッフのテクニックはほとんど関係ありません。
ふんわりとした仕上がりになるので、自然なカールを求めている人はこちらがオススメです。

そんなまつ毛パーマの料金ですが、3,000円程度で施術してくれるところが一般的です。
しかし高いところだと5,000円以上するところも。

まつ毛エクステ

まつ毛エクステは、グルーを使って自まつげにまつ毛エクステをつけていくというものです。
髪のエクステと同じように、様々な長さや色・太さやカールの程度などを選ぶことができ、自分好みのまつ毛を手に入れることができます。

1度施術をおこなうと、1ヶ月程度は持ちます。その後は手直しが必要になるのでご注意下さい。
そんなまつ毛エクステには、3つの種類があります。

セーブル

1番高い費用がかかるエクステです。

ただ、費用がかかる分、自まつげと馴染みやすくてよりナチュラルに仕上がります。
初めてまつ毛エクステをする人にはうってつけ。

ミンク

2番目に高いまつ毛エクステのタイプです。自まつげとの馴染みは◎。
軽い仕上がりです。

シルク

最も安いタイプです。カールは取れにくいのですが、自まつげとの馴染みは3タイプの中で最も悪いのが特徴。まつ毛エクステに慣れている人なら違和感を覚えにくいかもしれません。

ちなみに、まつ毛エクステにかかる費用は1本100円程度が相場となっています。
現在は時間制限ありの付け放題というプランを多くのサロンが採用しており、両目60本5,000円くらいかかるようです。

まつげをカールさせるそれぞれの方法のメリット・デメリット

まつげをカールさせるそれぞれの方法のメリット・デメリット

ビューラーやまつ毛パーマなど、まつげをカールさせるそれぞれの方法のメリットやデメリットについて紹介いたします。

ビューラー(ホットビューラー含)

【メリット】
・自分の力の入れ具合によって、強めカールにするかナチュラルなカールにするか変化させることが可能です。
・ホットビューラーは通常のビューラーに比べてカールの持ちが長く、メイクを落とすまでカールを保てることが多いです。

【デメリット】
・まつ毛に強い圧力をかけているため、当然まつ毛を痛めつけています。
・ホットビューラーは乾電池を使用するものが多く、コスパは微妙です。
・普通のビューラーなら、ゴムの弾力がなくなったら交換が必要・ホットビューラーなら本体の掃除を定期的におこなわなければいけません。
・使い方を誤ると、火傷の危険性もあります(ホットビューラー)。

まつ毛パーマ

【メリット】
・プールや温泉などでまつ毛が濡れてしまってもカールが持続します。
・プロにお任せするから、ビューラーなどを使ってまつげを上手くカールできないという人も安心です。
・メイクにかける時間が短縮できます。

【デメリット】
・短いまつげの場合、長さはそのままなので微妙な仕上がりになることもあります。
・パーマ液によってまつげが痛みます。
・施術スタッフによっては満足いくカール具合にならないことも。

まつ毛エクステ

【メリット】
・まつげパーマのメリットと同じですが、まつ毛エクステをすることによってメイクにかける時間を短縮することができます。
・自分の好みにあった長さや太さ、カール具合のまつげがあるため、理想的な仕上がりに近づけることが可能です。
・ボリュームを出すことができます。「自まつげが短いのがコンプレックス」という人にはうってつけです。

【デメリット】
・ビューラーやまつ毛パーマと比較して料金が高くなります。
・エクステですから、次第にポロポロと取れてきます。目を擦る、オイル系クレンジングなどがNGだったりします。
・そもそも、まつ毛エクステは自まつげにエクステをつけていくもの。そのため、まつ毛が少なかったり極端に短い人は施術がうまくいかない可能性や、できたとしてもまばらな感じになってしまって不自然になってしまうことも。
・メイクを落とす際にまつ毛エクステを気にするあまり、アイメイクをしっかり落とせない。メイク落としに時間がかかるなどのデメリットもあります。

まつ毛を美しくカールさせたいなら、どの方法が1番良いの?

まつ毛を美しくカールさせたいなら、どの方法が1番良いの?

ここまでの項目で、まつ毛をカールする方法を述べてきましたが、求めることによってどれが良いかというのは変わってきます。

しかし、1つだけ確実に言えることがあります。
それは、「まつげをカールするには、自まつげの長さが必要となる」ということです。

ビューラーやまつ毛パーマをするにしても、まつ毛エクステをつけるにしても、自まつげがないと綺麗なカールはできかねてしまいます。
ですから、まずは自まつげを長く、美しくすることが第一です。

まつげ美容液に注目!

その方法として有効なのが「まつげ美容液」。最近、美容に関心が高い女性の間ではマストアイテムとなっているまつげ美容液は、短くてボリュームがない自まつげを育てるのに一役買ってくれます。

美容液という名前がついていることからわかるとおり、まつげ美容液にはまつげを育てるのに必要な美容成分がたっぷり含まれています。

これをまつげの根元などの塗るのですが、その際にまつげだけでなく、まぶたのハリも出たという口コミもありますから、普段の目元ケアにまつげ美容液をプラスするのは得策と言えるでしょう。

人気のまつげ美容液

自分のまつ毛を美しく育てる「まつげ美容液」。
聞いたことはあるけど、どんな商品があるの?という方向けに人気のまつげ美容液をご紹介したいと思います。

エマーキット(EMAKED)

エマーキット(EMAKED)

エマーキット(EMAKED)は、富山県で60年以上続く製薬会社「水橋保寿堂」が生産しているまつげ美容液で、ビューラーやマツエクで傷んだまつげをイキイキとハリがあるまつげに育ててくれます。

エマーキットの特徴は、ヒアルロン酸やイチョウ葉エキス、ブドウ種子エキスなどのまつげに優しいに優しい成分が配合されており、まつげの健やかな環境を整えてくれる効果が期待できます。
エマーキットのブラシは非常にやわらかい毛先でてきているため、液ダレしにくくアイライナーを引くように簡単にまつげに塗布できるのも特徴となります。

また、日本製ということもあり、安心して使用しやすいのもポイントとなります。

エマーキット(EMAKED)の商品情報へ

リバイブラッシュ

リバイブラッシュ

リバイブラッシュは、「眼刺激性試験」「皮膚一次刺激性試験(パッチテスト)」「アレルギー性試験」「累積刺激性試験」「感応性テスト(スティンギングテスト)」の5つの安全性試験を全てクリアした低刺激の日本製のまつげ美容液となっています。
まつ毛養成成分「キャピキシル」を5%配合の他、まつ毛サポート成分を4種配合するなど、まつ毛のハリやツヤ、コシをサポートしてくれます。
また、プロビタミンB5やプロヘアリンβ4、ムチン、マリンエラスチン、マリンコラーゲン、加水分解シルク、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2Kなど8種類の美容補修成分も贅沢に配合しているのも特徴です。

リバイブラッシュの商品情報へ

フローフシ THEまつげ美容液

フローフシ THEまつげ美容液

フローフシ THEまつげ美容液は、まつげ育成体感実績が97%、メイク中の自まつげ育成結果84%が体感するなど実績があるまつげ美容液となっています。

世界で初めて「エンドミネラル」を配合し、まつ毛のための土壌を育みます。
まつげ美容液では珍しく、まぶたと上下まつ毛に指で塗って使用するタイプのまつげ美容液で、まつ毛エクステとの相性も良く、眉毛にも使用することができます。

また、使用する際、空気が戻らないエアレス容器を採用しているので、使用している期間ずっと清潔な状態を保つことができるのも特徴となっています。

フローフシ THEまつげ美容液の商品情報へ

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュは、CMでもお馴染みの育毛シャンプー「スカルプD」を販売するアンファー株式会社が長年の毛髪研究から生み出した、まつげ美容液です。
まつげ美容液にも、マスカラ美容液や美容液アイライナーなどラインナップも様々です。

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュの商品情報へ

BEAUTYLASH(ビューティーラッシュ)

BEAUTYLASH(ビューティーラッシュ)

BEAUTYLASH(ビューティーラッシュ)は、世界で200万本以上売れているまつげ美容液で、つけまつげやまつげエクステに頼ることなく、理想のまつげへとサポートしてくれる人気のまつげ美容液となっています。

ビューティーラッシュは、まつげ美容液以外にもマスカラやアイライナーも販売されていて、使う人に合わせてまつげを長く美しくサポートしてくれています。

一番の特徴は、ビューティーラッシュの主成分に植物由来の美容液成分が配合されているので、副作用などの安全面にも配慮されたまつげ美容液となります。

初めて使用する方はもちろん、今までまつげ美容液を試したけど効果の実感が感じられなかった方にもお試しいただきたいまつげ美容液となります。

BEAUTYLASH(ビューティーラッシュ)の商品情報へ

まとめ

以上、まつげをカールさせるのにオススメの方法についてご紹介させて頂きました。

いかがだったでしょうか。
人間の第一印象を決める目の中で、まつげが占める割合は結構高いです。

良い印象を与えるためにも、まつげ美容液で自まつげをケアして長くボリューミーなまつげを手に入れましょう。
ケアを続ければ、まつ毛エクステやつけまつげなどに頼らなくても自まつげにマスカラを塗るだけで良くなる可能性もありますよ!

自まつげを美しく育てるな「まつげ美容液」はオススメです。
自分のまつ毛を育てることでしっかりカールさせることができ、目元の印象をUPさせることに繋がりますよ。

 - まつ毛について

  関連記事

関連記事はありませんでした